読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rinの日記 〜顕微鏡的多発血管炎の治療中〜

顕微鏡的多発血管炎の闘病記と,趣味のブログ* ときには落ち込んだり,弱音を吐くこともあるけれど,少しずつでも前向きに!ポジティブに!

神経伝導検査

整形外科の初診から1週間。

内服薬で様子をみていましたが,右手の症状の改善は見られず,しびれは強くなり,痛みも出始めました。

 

再度受診し,その旨を伝えると,メチコバールに追加して,痛み止めを出しておきましょう,と,ロキソニンを処方されました。

 

不安が募りながらも,先生の言うことを信じるしかなかった私は,出された薬を服用しながら,不安な気持ちを押し殺して仕事をしていました。

仕事中は,アドレナリンが出ていたのか,しびれや痛みも少し和らいでいた気がします。

 

しかし,そうも言っていられなくなってきました。

 

右手だけでとどまっていた症状が,他の場所へと広がってきたのです。

 

左膝の下

右足

左手の親指から中指にかけて

左肩

 

整形外科を受診すると,一度神経の検査をしましょう,とのこと。

近くの総合病院の神経内科に紹介状を書いてもらい,神経に電気を流す検査(神経伝導検査)をすることになりました。

 

体に電気を流すと聞いて,少しビクビクしていましたが,ピリっと痛みが走る程度で,検査自体はそこまで痛いものではありませんでした。

電気が流れるたびに,指や手足が びくんっと跳ねるのが面白かったくらいです(笑)

 

検査結果が出るまで1週間ほどかかるとのことでしたが,その間にも症状は悪化。

 

歩行時にも痛みを感じ,膝の曲げ伸ばしもしづらくなってきました。

腕の力も入りづらくなり,重いものを持ち上げる際に,かなり気合を入れないといけなくなってきました。

 

それでも,仕事だけは手を抜かない!と,意地になっていました。