読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rinの日記 〜顕微鏡的多発血管炎の治療中〜

顕微鏡的多発血管炎の闘病記と,趣味のブログ* ときには落ち込んだり,弱音を吐くこともあるけれど,少しずつでも前向きに!ポジティブに!

入院4週間目 〜4〜

年末年始の外泊の前日。

急に咳がひどくなり,夜まで様子をみていました。

 

夕方頃の診察では,これ以上悪くならなければ問題ないとのことでした。

プレドニンを飲んで抵抗力が弱まっている状態で,一番怖いのは,感染症

さらに,肺炎などの合併症にかかること。

 

咳止めの頓服を処方してもらい,少し落ち着いたようにも思いました。

しかし,夜になって再び咳がひどくなり,呼吸もしづらく,ふらつきもひどく起き上がれない状態になってしまいました。

 

消灯時間も過ぎ,夜の11時をまわっていたにもかかわらず,当直医の先生が診察をしてくださりました。

念のため,レントゲンをとろう

とのことで,夜中にレントゲン室へと車椅子で移動し,検査。 

結果,横隔膜が上がっているくらいで,大きな以上はありませんでした。

これくらいなら,外泊しても大丈夫だろうとのことで,ひと安心。

 

検査室から病室のベッドへと戻りましたが,

  • 横になると咳がひどくなって苦しい
  • 体を起こすとふらついて,バランスを保てない

という状態で,ベッドサイドのテーブルに伏せていることしかできませんでした。

 

眠ることもできず,しんどさから意識も朦朧としかけていましたが,そんなとき,担当の看護師さんがずっとそばに付き添っていてくれました。

 

夜中の検査のときも,車椅子で送迎してくださった看護師さん。

ベッドに戻ってからも,体を支えてくださったり,少しでも咳が治まるようにと濡れタオルを持ってきてくださったり。

そばで優しく話しかけてくださったり。

 

もちろん,それで体調が急に良くなるわけではありません。

でも,そばにいてくださるだけで,気持ちが落ち着いていくのがわかりました。

 

『仕事だから』と言ってしまえばそれまでですが,それでも,あの時の看護師さんがいてくれたことの安心感は忘れられません。

 

 

看護師さんって,本当に素敵なお仕事だなぁ,と心から思いました。

体力的にも精神的にも本当に大変なお仕事だとは思いますが,そのおかげで,どれだけ多くの人が助けられているか。

ただただ感謝の気持ちしかありません。

 

 

そして,みなさんの支えあって,翌日,無事に外泊することができ,1か月ぶりに自宅へ帰ることができました。